資産運用・保険相談
Asset management and insurance consultation

資産運用、保険の見直しおよび住宅購入資金などに関する相談を承っております。

NO.1
ファイナンシャルプランニング

旅行のための資金を準備していますか?

結婚する、家を建てる、子どもを学校に通わせる、旅行する、老後を楽しんで過ごす、など人それぞれかなえたい夢があります。
この夢をかなえるためにはライフプランをたてることが大切です。

次の連休、どこへ行こうか?
○○へ行って、○○を食べて、○○で遊んで・・・・
と計画を考えることと同じです。

次の連休の計画から、自分の生涯へと時間を延ばし、将来の夢や目標を実現するために必要なお金を把握して、資金計画を立てていくこと、これがファイナンシャルプランニングです。

計画を立てるのは楽しいものですが、煩わしい面もあります。私たちと一緒に実行可能な計画を立てましょう。しっかりした計画を立てればあとは実行。憂いなく、夢や目標へ向けて突き進んでください。

ファイナンシャルプランニング

NO.2
資産運用

お金に働いてもらいましょう!

まとまったお金が入ったら、投資しないといけないの?
退職金を受け取った。
相続でまとまったお金が手に入った。
お金が銀行に預けたままではもったいないな。

どうにかしたいけど、何をやればいいのかわからない…
そう思った方の資産を将来のために運用するお手伝いをします。

資産運用

NO.3
保険相談

保険は金融商品です!

いま入っている保険の内容がわからない。
結婚したら保険に入った方が良い?
マイホームを買ったから保険にたくさん入るべき?
ガンになったらいくら必要になるの?

必要な時に、必要な保障を備えるために準備しましょう。

保険相談

NO.4
住宅資金に関するご相談

住宅ローンを借りたい!

住宅ローンを借りたいけどいくら貸してもらえるの?
ローンはいくらまで借りたら大丈夫なの?
頭金はいくら準備したらいいの?
ローンは繰り上げ返済したほうがいいの?
本当は分譲より賃貸のほうがいいの?

家族構成や収入によって事情は様々です。じっくり話をお聞きして、それぞれの事情に合わせたアドバイスをします。

住宅資金に関するご相談

セミナー
seminars

マネーセミナー月3回実施

なんとなく感じている漠然とした不安。この不安はなんだろう。どうしたら解決できるの?

例えば

  • 節約しているはずなのに貯蓄ができない!
  • 家計簿はいつも続けられない。
  • 子どもができてから、毎月4万円の赤字に転落・・・
  • 子どもの教育費はいくらかかるの?
  • 毎月の保険料が8万円。これって高すぎるの?
  • 家は賃貸がいいの?分譲がいいの?
  • 住宅ローンは繰り上げ返済したほうがいいの?
  • 老後の資金づくりには投資をすべきなの?
  • 年金だけで老後の暮らしは大丈夫なの?

 

人生の3大必要資金とはなにかを知り、ライフプランニングで、先を見据えたマネープランを考える。
そして、目的をクリアにして今を充実して生きる方法を教えます。

詳しくはこちら

ご相談料金について
About price

初回60分無料

基本的に当事務所にて面談します。
出張の場合、大阪府内は交通費をいただきませんが、府外の場合は実費をいただきます。
また、面談場所、時間により宿泊費等をいただきます。

基本的なサポートエリア

大阪府下全域、和歌山県紀北地域、三重県(要相談)、奈良県(要相談)、兵庫県(要相談)

  • 2回目以降は相談内容に応じて設定。(1時間5000円~)
  • 顧問契約(月5000円~)。要相談。

ご相談の流れ

お電話・WEBでのご予約

ホームページ内のお問合せフォームやお電話でご予約ください。
※原則としてメールやお電話でのご相談はお受けしておりません。

06-4963-3520

受付時間/10:00~18:00

ご相談日時のご確認
ご相談の日時を決定します。
ご相談の流れ

①希望確認

お悩みやご希望をじっくりお聞きします。
なにをどうしたいのかを一緒に考え、夢や目標を具体的にしていきます。

②現状把握

家族構成、収入や支出、預金・資産、ローン、保険などの現状を一緒に確認して把握します。

③分析・評価

現状でムダや無理がないか、このままの家計で夢や目標がかなえられるかなどをプロの視点でアドバイスします。

④プラン作成

改善点などをいれたプランを提案し、話し合いながら、実現可能なプランを決定します。

⑤実行支援

プランを実行するにあたり、各種手続きや各分野の専門家への紹介などのアドバイスも必要に応じて行います。

ご相談後の定期的な見直し
子どもの誕生や転勤など家族の事情や社会情勢の変化にあわせ、プランを見直しましょう。私たちが一緒にメンテナンスのお手伝いをします。